Quality
Improvement

品質の追求

100,000枚の失敗を経て辿りついた理想

革新性
普遍性

Quality
Improvement

品質の追求

「100,000枚」の失敗を経て辿りついた理想

TouchFocus®の試作は、10年以上も前に、「世界中の人々の人生を、より豊かにしたい」という想いから始まりました。そしてそれは、数限りない失敗と創意工夫の歴史の始まりでもありました。まず立ちはだかった高い壁は、2枚のレンズを重ね合わせるという特殊な工程です。2枚のレンズの間に液体を流し込み、密封させる難しさがあったのです。失敗を繰り返した末になんとか成功させたものの、今度はその品質を満足のいく高さにまで仕上げなければなりません。

もちろん、レンズ以外のパーツにおいても、いくつもの壁がありました。私たちは日々アイデアを練り、そしてクオリティの向上を図りました。累計でレンズ100,000枚にも及ぶ試作を経て、ついに完成したのがTouchFocus®です。しかしまだ終わりではありません。私たちはさらなる理想を掲げ、今日も邁進しています。